ビックリ腰|トレーナーが在籍している広島市のパーソナルトレーニングジム

入会月の月会費無料キャンペーン! 月初の入会がお得!11,000円→0円

ビックリ腰

2022年01月13日 20:56:44

代替テキスト


ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症といいます。

その名のとおり、いきなり腰が痛くなる症状をさします。

原因は多様で、重たい荷物を持ち上げた時や、急に体をひねったときなど、日常の何気ない動作がいくつかあげられます。基本的には安静にしていれば治りますが、適切な対処をしないと慢性腰痛になることもあるため注意が必要です。

ぎっくり腰の主なきっかけは背中の筋肉・筋膜の損傷です。とくに、腰に力が入らず座り込んでしまうような症状の場合は、肉離れが生じている可能性が高いです。このときに無理をしたり、発症を繰り返したりすると、二次的に椎間板や椎間関節などの損傷を招き、さらに髄核ずいかくが飛び出して神経を圧迫する、椎間板ヘルニアを引き起こしてしまう可能性もあります。


若い人や普段から体を鍛えているアスリートでも、激しい運動時にぎっくり腰になることがあります。

一方、いつもと変わらない動作なのに、なぜぎっくり腰が突然起こるのかというと、筋肉が緊張していたり疲労がたまっているからです。自分では意識していなくても筋肉疲労は毎日起こっており睡眠や運動、栄養などで回復をしています。しかし、運動負荷や悪い姿勢の連続といった腰への負担が続くと、回復スピードが追いつかず、ある日突然キャパオーバーになるのです。


通常、ぎっくり腰になった2~3日後は、冷湿布や保冷効果のあるもので冷やし、ある程度痛みが軽減されてきたら、温めるのがよいとされています。入浴もこのタイミングで行ってよいとされていますが、一番よい判断法は自身の感覚です。不快と思ったら入浴は控え、湯温は自分が一番心地よいと思う温度に調整して下さい。一般的にはお湯の温度は38℃ほどがよいといわれています。


余談!
くしゃみでもギックリ腰になることがあります。
くしゃみの速度は時速320キロ以上といわれており、体には物理的に物凄い負担がかかっています。くしゃみは突然出るものなので未然に防ぐことは難しいのですが、出そうと感じたときはすぐに背筋を伸ばすだけでも違ってきます。くしゃみが数回にわたって続くと、ぎっくり腰だけではなく、肋骨などを骨折する場合もあります。腰痛持ちの人は、くしゃみでさらに痛みがひどくなる場合もあるので、普段から気をつけることが大切です。



一覧へ戻る

CONTACT入会のお申し込み・ご予約はこちら
  • 082-259-3563
  • 24時間営業しております
ページの先頭へ
入会月の月会費無料キャンペーン! 月初の入会がお得!11,000円→0円